【Acrobat DistillerのPDF作成について】
 
【PDF作成】
・Acrobat Distillerを使用してのPDF作成
【セキュリティは設定しないでください】
・Acrobat Distillerのセキュリティは設定しないでください
【セキュリティ設定の確認方法】
・Acrobat Distiller5.0 ・Acrobat Distiller6.0、7.0
【Acrobat DistillerによるPDF作成のための設定】
・レイアウトアプリケーション
・Acrobat Distiller5.0 ・Acrobat Distiller6.0(RGBデータ)
・Acrobat Distiller6.0(CMYKデータ) ・Acrobat Distiller7.0
・Acrobat Distiller8.0

・Acrobat Distillerを使用してのPDF作成

PostScript(EPS)ファイルを書き出し可能なアプリケーションをお持ちの場合、Acrobat Distillerを使用してPDFを作成することができます。


・Acrobat Distillerのセキュリティは設定しないでください

セキュリティの設定がされてる場合、出力に問題が発生しております。(データチェック・出力作業の際にPDFが開けない、解析できないなど) 開けない、解析できないPDFデータは印刷(出力)することができませんので、ご入稿いただくPDFにセキュリティの設定はなさらないようお願い致します。


・Acrobat Distiller5.0

①.Acrobat Distillerを起動
②.「ジョブオプション」を選択
③.「設定」→「セキュリティ」を選択
④.セキュリティの設定画面で「パスワードの指定」「権限」の全ての項目のチェックを外す
⑤.「OK」をクリックして完了


・Acrobat Distiller6.0、7.0

①.Acrobat Distillerを起動
②.Adobe PDF設定の「デフォルト設定」を選択
③.「設定」→「セキュリティ」を選択
④.セキュリティの設定画面で「文書を開くときにパスワードが必要」
  「文書の印刷および編集とセキュリティ設定にパスワードが必要」の項目のチェックを外す
⑤.「OK」をクリックして完了

・レイアウトアプリケーション

レイアウトアプリケーション(IllustratorやInDesign、QuarkXPressなど)でPostScript(EPS)ファイルを作成(書き出し)し、そのPostScript(EPS)ファイルをAcrobat Distillerを使用してPDFに変換します。


・Acrobat Distiller5.0

①.Acrobat Distillerを起動

②.「ジョブオプション」は「Press」を選択

③.「設定」→「ジョブオプション」を選択

④.一般タブ
 ・「ファイルオプション」内の「互換性のある形式」をAcrobat4.0(PDF1.3)に設定

⑤.圧縮タブ
 ・「カラー画像」「グレースケール画像」「白黒画像」のダウンサンプルのチェックを外しオフにする
 ・「カラー画像」「グレースケール画像」「白黒画像」の圧縮は「ZIP」にする

⑥.フォントタブ
 ・「すべてのフォントを埋め込む」をオン(チェックを入れる)にし、「サブセットの全フォントに対する割合」をオンにして、割合を100%に設定する
 ※Windowsで埋め込み可能なフォント(TrueType)を使用している場合、エラーになる場合があります。この場合は「埋め込まれなかったときの処理」を「警告した後続行する」に設定してください。念のため作成されたPDFファイルを確認し、確実にフォントが埋め込まれているかご確認願います。

⑦.カラータブ
 ・「デバイス依存データ」の「オーバープリント設定を保存」をオン(チェックを入れる)にし、「トランスファ関数が見つかった場合」は「削除」に設定
 ※トランスファ関数が含まれている場合、作成時と仕上りのカラーが異なって出力される場合があるため、含まれないようにしてください。

⑧.詳細設定タブ
 ・「文書構造化コメント(DSC)」の「OPIコメントを保存」のチェックを外す
 ※「OPIコメントを保存」にチェックが入っている場合、画像差し替えのための位置情報がPDF上に残ってしまい、弊社でPDFを扱う際にその位置情報の場所(お客様のの作成環境など)に画像を探しに行く動作を行うため、エラーが発生致します。
⑨.設定が完了したら「別名で保存」をクリックして、このPDF変換設定を任意の名前で保存する

⑩.Acrobat Distillerの画面の「ジョブオプション」で先ほど保存した設定が選択されている事を確認して完了


・Acrobat Distiller6.0(RGBデータ)

①.Acrobat Distillerを起動

②.「Adobe PDF設定」の「デフォルト設定」は「Press Quality」を選択

③.「設定」→「Adobe PDF設定の編集」を選択

④.一般タブ
 ・「ファイルオプション」内の「互換性のある形式」をAcrobat4.0(PDF1.3)に設定

⑤.画像タブ
 ・「カラー画像」「グレースケール画像」「白黒画像」のダウンサンプルをオフに設定
 ・「カラー画像」「白黒画像」の圧縮は「ZIP」を選択し、「グレースケール画像」の圧縮はオフにする
 ・「白黒画像」の「グレーのアンチエイリアス」をオフにする

⑥.フォントタブ
 ・「すべてのフォントを埋め込む」をオン(チェックを入れる)にし、「サブセットの全フォントに対する割合」をオンにして、 割合を100%に設定する
 ※Windowsで埋め込み可能なフォント(TrueType)を使用している場合、エラーになる場合があります。この場合は「埋め込まれなかったときの処理」を「警告した後続行する」に設定してください。念のため作成されたPDFファイルを確認し、確実にフォントが埋め込まれているかご確認願います。

⑦.カラータブ
 ・「デバイス依存データ」の「トランスファ関数が見つかった場合」は「削除」に設定
 ※トランスファ関数が含まれている場合、作成時と仕上りのカラーが異なって出力される場合があるため、含まれないようにしてください。

⑧.詳細設定タブ
 ・「オプション」の「オーバープリント設定を維持」にチェックを入れる
 ・「PostScript文書構造化規約(DSC)」の「OPIコメントを保存」のチェックを外す
 ※「OPIコメントを保存」にチェックが入っている場合、画像差し替えのための位置情報がPDF上に残ってしまい、弊社でPDFを扱う際にその位置情報の場所(お客様のの作成環境など)に画像を探しに行く動作を行うため、エラーが発生致します。

⑨.PDF/Xタブ
 ・「PDF/X 準拠とレポート」の「PDF/X-1a」「PDF/X-3」のチェックを外す

⑩.設定が完了したら「名前を付けて保存」をクリックし、このPDF変換設定を任意の名前で保存する

⑪.Acrobat Distillerの画面の「Adobe PDF設定」の「デフォルト設定」で先ほど保存した設定が選択されている事 を確認して完了


・Acrobat Distiller6.0(CMYKデータ)

①.Acrobat Distillerを起動

②.「Adobe PDF設定」の「デフォルト設定」は「PDFX1a」を選択

③.「設定」→「Adobe PDF設定の編集」を選択

④.一般タブ
 ・「ファイルオプション」内の「互換性のある形式」をAcrobat4.0(PDF1.3)に設定

⑤.画像タブ
 ・「カラー画像」「グレースケール画像」「白黒画像」のダウンサンプルをオフにし、同様に圧縮は「ZIP」に設定する
 ・「白黒画像」の「グレーのアンチエイリアス」をオフにする

⑥.フォントタブ
 ・「すべてのフォントを埋め込む」をオン(チェックを入れる)にし、「サブセットの全フォントに対する割合」をオンに して、割合を100%に設定する
 ※Windowsで埋め込み可能なフォント(TrueType)を使用している場合、エラーになる場合があります。この場 合は「埋め込まれなかったときの処理」を「警告した後続行する」に設定してください。念のため作成されたPD Fファイルを確認し、確実にフォントが埋め込まれているかご確認願います。

⑦.カラータブ
 ・「デバイス依存データ」の「トランスファ関数が見つかった場合」は「削除」に設定
 ※トランスファ関数が含まれている場合、作成時と仕上りのカラーが異なって出力される場合があるため、含まれないようにしてください。

⑧.詳細設定タブ
 ・「オプション」の「オーバープリント設定を維持」にチェックを入れる
 ・「PostScript文書構造化規約(DSC)」の「OPIコメントを保存」のチェックを外す
 ※「OPIコメントを保存」にチェックが入っている場合、画像差し替えのための位置情報がPDF上に残ってしまい、弊社でPDFを扱う際にその位置情報の場所(お客様のの作成環境など)に画像を探しに行く動作を行うため、エラーが発生致します。

⑨.PDF/Xタブ
 ・「PDF/X 準拠とレポート」の「PDF/X-1a」にチェックを入れる
 ※「文書に指定がない場合のデフォルト値」に値が入っていない場合はエラーになる事があります。
 ・「トラッピング」は「いいえ(False)を挿入」を選択

⑩.設定が完了したら「名前を付けて保存」をクリックし、このPDF変換設定を任意の名前で保存する

⑪.Acrobat Distillerの画面の「Adobe PDF設定」の「デフォルト設定」で先ほど保存した設定が選択されている事を確認して完了


・Acrobat Distiller7.0

①.Acrobat Distillerを起動

②.「Adobe PDF設定」の「デフォルト設定」は「PDF/X-1a:2001(日本)」を選択

③.「設定」→「Adobe PDF設定の編集」を選択

④.一般の項目
 ・「ファイルオプション」内の「互換性のある形式」をAcrobat4.0(PDF1.3)に設定する

⑤.画像の項目
 ・「カラー画像」「グレースケール画像」「白黒画像」のダウンサンプルをオフにし、同様に圧縮は「ZIP」に設定する
 ・「白黒画像」の「グレーのアンチエイリアス」をオフにする

⑥.フォントの項目
 ・「すべてのフォントを埋め込む」をオン(チェックを入れる)にし、「サブセットの全フォントに対する割合」をオンにして、 割合を100%に設定する
 ※Windowsで埋め込み可能なフォント(TrueType)を使用している場合、エラーになる場合があります。この場合は「埋め込まれなかったときの処理」を「警告した後続行する」に設定してください。念のため作成されたPDFファイルを確認し、確実にフォントが埋め込まれているかご確認願います。

⑦.カラーの項目
 ・「デバイス依存データ」の「トランスファ関数が見つかった場合」は「削除」に設定する
 ※トランスファ関数が含まれている場合、作成時と仕上りのカラーが異なって出力される場合があるため、含まれないようにしてください。

⑧.詳細設定の項目
 ・「オプション」の「オーバープリント設定を保存」にチェックを入れる
 ・「PostScript文書構造化規約(DSC)」の「OPIコメントを保存」のチェックを外す
 ※「OPIコメントを保存」にチェックが入っている場合、画像差し替えのための位置情報がPDF上に残ってしまい、弊社でPDFを扱う際にその位置情報の場所(お客様のの作成環境など)に画像を探しに行く動作を行うため、エラーが発生致します。

⑨.規格の項目
 ・「PDF/X 準拠とレポート」の「準拠する規格」に「PDF/X-1a(Acrobat4.0互換)」を選択
 ※「文書に指定がない場合のデフォルト値」に値が入っていない場合はエラーになる事があります。
 ・「トラッピング」は「いいえ(False)を挿入」を選択

⑩.設定が完了したら左下にある「別名で保存」をクリックし、このPDF変換設定を任意の名前で保存する

⑪.Acrobat Distillerの画面の「Adobe PDF設定」で、「デフォルト設定」を先ほど保存した設定に変更して完了


・Acrobat Distiller8.0

①.Acrobat Distillerを起動

②.「Adobe PDF設定」の「デフォルト設定」は「PDF/X-1a:2001(日本)」を選択

③.「設定」→「Adobe PDF設定の編集」を選択

④.一般の項目
 ・「ファイルオプション」内の「互換性のある形式」をAcrobat4.0(PDF1.3)に設定する

⑤.画像の項目
 ・「カラー画像」「グレースケール画像」「白黒画像」のダウンサンプルをオフにし、同様に圧縮は「ZIP」に設定す る
 ・「白黒画像」の「グレーのアンチエイリアス」をオフにする

⑥.フォントの項目
 ・「すべてのフォントを埋め込む」をオン(チェックを入れる)にし、「サブセットの全フォントに対する割合」をオンにして、 割合を100%に設定する
 ※Windowsで埋め込み可能なフォント(TrueType)を使用している場合、エラーになる場合があります。この場合は「埋め込まれなかったときの処理」を「警告した後続行する」に設定してください。念のため作成されたPD Fファイルを確認し、確実にフォントが埋め込まれているかご確認願います。

⑦.カラーの項目
 ・「デバイス依存データ」の「トランスファ関数が見つかった場合」は「削除」に設定する
 ※トランスファ関数が含まれている場合、作成時と仕上りのカラーが異なって出力される場合があるため、含まれないようにしてください。

⑧.詳細設定の項目
 ・「オプション」の「オーバープリント設定を保存」にチェックを入れる
 ・「PostScript文書構造化規約(DSC)」の「OPIコメントを保存」のチェックを外す
 ※「OPIコメントを保存」にチェックが入っている場合、画像差し替えのための位置情報がPDF上に残ってしまい、弊社でPDFを扱う際にその位置情報の場所(お客様のの作成環境など)に画像を探しに行く動作を行うため、エラーが発生致します。

⑨.規格の項目
 ・「PDF/X 準拠とレポート」の「準拠する規格」に「PDF/X-1a(Acrobat4.0互換)」を選択
 ※「文書に指定がない場合のデフォルト値」に値が入っていない場合はエラーになる事があります。
 ・「トラッピング」は「いいえ(False)を挿入」を選択

⑩.設定が完了したら左下にある「別名で保存」をクリックし、このPDF変換設定を任意の名前で保存する

⑪.Acrobat Distillerの画面の「Adobe PDF設定」で、「デフォルト設定」を先ほど保存した設定に変更して完了